青汁の効果と栄養について

青汁は様々な野菜を絞ったり、すり潰したりして液体にした物です。日本人の食生活は、昔の野菜中心の食生活から肉食中心となってきていて、野菜不足が指摘されています。

しかし、一日に必要な分の野菜を摂取するのはなかなか大変な事です。同じ食べ方では飽きてしまうので献立を工夫する方法が有ります。サラダや野菜炒め、味噌汁の具にしたり調理方法を工夫すれば飽きずに食べ続ける事が出来ます。
同じ野菜では無く、野菜によってはカロテンやビタミン、リコピンなどある特定の栄養素が多く含まれている野菜も有るので、色々な野菜をバランス良く食べるのが理想とされています。その点、青汁は様々な野菜のエキスが凝縮されているので栄養価は高いと言えます。

野菜嫌いでも続けられる青汁

野菜が嫌いな人でも、液体にすれば飲むだけなのでそれ程手間も掛かりません。
液状の青汁に抵抗があるならば、タブレット状の固形の粒タイプや、さっと溶ける顆粒タイプなども有るので自分の好みに合わせて、最も飲み易い方法で摂取するのが一番効果が出る飲み方になります。
最近の野菜ジュースは以前の物には有った野菜臭が殆ど無く、フルーツの果汁が入っているので非常に飲み易くなっている商品も増えてきています。
粉末状のタイプは、個別に一日分の野菜がパウダー状になって個別に包装されているので、いちいち自分で分量を量る必要は無く、旅行や出張先などに持って行く場合でも便利です。そのまま溶かして飲むのも飽きてくるので、味付けを色々と自分なりに変えてみるのが続けるコツです。

例えば、牛乳で溶かして飲んでみたり、ハチミツやオリゴ糖を少し加えてみたりして味に変化を付けると美味しくなる場合が有るので続ける事が出来ます。

青汁の効果の関連記事一覧
青汁の効果と栄養について
青汁でより手軽に野菜を摂取
青汁を安全に飲むために必要なこと

青汁マイスター!青汁の気になる効能は?新着記事一覧