イメージ払拭「まずくない青汁」

青汁が世に出始めた頃、「不味い」と敢えて言うことで注目を集めたCMのおかげで青汁=不味いというイメージが定着してしまっています。
しかし、おそるおそる飲んでみると、意外なまでのおいしさに驚いたという人も多く、最近では飲みやすさを追求した製品が次々と出ていますので、苦手意識を持つ人にも試して欲しい製品です。
青汁とは、青野菜を絞った汁を指し、特定の野菜を指したものではありません。市場ではケールや大麦若葉を使ったものが主流となっており、自分にあったものを選ぶことができます。

青汁に含まれる主な野菜

ケールと大麦若葉を比較すると、食物繊維、葉酸、カリウム、ベータカロテン、クロロフィルなどの含有量が勝っているのは大麦若葉。
アンチエイジング、免疫力強化、不眠症対策に効果があるとされているメラトニン、ガン予防、血栓防止効果などがあるアリルイソチオシアネートが含まれているのがケールです。飲みやすさの面では、苦みが少なく抹茶のような風味があることから大麦若葉の方が好まれる傾向があります。

お試しサイズで少量を試すことができるものもあるので、続けやすいものを選ぶとよいでしょう。そのまま飲むだけではなく、さまざまな活用法を楽しむこともできます。

乳製品などでアレンジするとさらにおいしく

豆乳や牛乳、飲むヨーグルトに混ぜればより飲みやすくなります。
牛乳ベースのスープに入れれば、鮮やかな色が食欲をそそるスープを簡単に作ることもできますし、マフィン、パウンドケーキ、団子などに混ぜ込めば、いつものおやつがヘルシーな一品に早変わり。
青野菜を絞っただけというシンプルさだからこそ、アイデア次第で利用法は広がります。いつもの食事に添えるだけで多くの栄養素を補うことのできる嬉しいアイテム。野菜不足の方にもそうでない方にもおすすめの一品です。

青汁マイスターの関連記事一覧
色々あります「青汁」
最近の青汁は飲みやすくなりました
青汁のサプリメントというものがあるらしい
イメージ払拭「まずくない青汁」

青汁マイスター!青汁の気になる効能は?新着記事一覧